週報37  12月14日(No2561)

   今週の集会

10:15アドベント第3主日礼拝聖書 ヨハネ11928 教『荒れ野に叫ぶ声』礼拝後 定期役員会17()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第23章『望み絶えぬ祈り』18:30 定期祈祷会 同 上第22章『望み絶えぬ祈り』

 教団信仰告白解説49

『聖霊なる神』

 既に「三位一体の神」について述べたが、聖霊なる神は御父と御子と同格の神であり、「三にして一」、「一にして三」という在り方が示される。マタイ2819節を読むと判る。旧約聖書では、神の霊の働きとして示されるが(イザヤ11章2~6節参照)、新約聖書ではイエスを証する霊(第1コリント123)であり、聖霊によらなければ誰も「イエスは主である」と告白できない。復活のイエスが召天される時に聖霊が降ることを約束され(使徒言行録18)、その通り弟子集団に聖霊が降った。その時の有様がリアルに記されている(214)。これによってキリストの共同体(教会)が誕生した。また聖霊は、パラクレートス(弁護者と訳される=ヨハネ福音書14章26節)と呼ばれ、「慰め主」「助け主」となられたお方である。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。