Archive for 2008年11月

週報35 11月30日(No2559)

   今週の集会

30()9:30教会学校礼拝聖書イザヤ53:36主題「神から離れた私たち」10:15アドベント第1主日礼拝聖書 ローマ131114 説教『救いは近づいている』12/3()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第22章『聖言にぶら下がるようにして』18:30 定期祈祷会 同 上第22章『聖言にぶら下がるようにして』

 

次週の予定

12/7()10:15アドベント第2主日礼拝聖書イザヤ11章1~5 説教題「オリブの若枝」礼拝後 第11回建築委員会マルタ・グレイス12:30 建築委員会(続き)  8()15:00 広島東分区教師会 於松永教会10()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第22章『聖言にぶら下がるようにして』18:30 定期祈祷会 同 上第22章『聖言にぶら下がるようにして』12()19:00 Xマスコンサート於福山東教会

 

  報告と消息

○定期役員会は都合で14()礼拝後に延期します。○現在旧園舎の撤去作業中です。作業車に気をつけてください。○尚、作業は日曜日休みですが、境内地に駐車してください。○本年度クリスマス合同礼拝は1221()の予定です。受洗志願者は牧師まで申し出てください。尚、「クリスマス案内」が有りますので、お友達お家族誘い合わせてご出席ください。

 教団信仰告白解説47

『かしこより来りて…』

解説44のところで既に述べているが、聖書の終末論として看過しえないことが、この信仰告白で言い表されている。

それはイエス・キリストが再び来られるということである。「キリストの再臨」という。いま教会暦で「待降節」(アドベント)を迎えているが、一般的理解では二千年前のキリスト誕生の日を(だれもが誕生日を祝うように)祝う日を待つと考えているが、違った意味があることを知るべきである。それは再び王の王として来られる日を待望するということである。後向き思考でなく前向き思考である。

時代は益々暗く、悩みや悲しみは世を覆っている時、希望の光が到来することを祈り待つということである。

 不義と不正が糺され、真実の平和が実現する「神の国」の到来はキリストの再臨によって約束されている聖書のメッセージなのである。ローマ81825節、131113節、第1テサロニケ5111節、第2テモテ4章1節を読んで頂きたい。

 

広告

週報34 11月23日(No2558)

 

 

 今週の集会

降誕前節第5主日礼拝聖書 マタイ25章1~13 説教『ともし火を用意せよ26()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第21章『祈りは答えられる』

18:30 定期祈祷会 同 上 21章『祈りは答えられる』

 

次週の予定

30()10:15降誕節前第4主日礼拝聖書 ローマ131114説教題「救いは近づいている」3()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第22章『聖言にぶら下がるようにして』18:30 定期祈祷会 同 上22章『聖言にぶら下がるようにして』

 

報告と消息

○去10()から、南側園舎(廃屋)の撤去作業が始まりました。教会の出入り口は北側正門になります。駐車は園庭をご利用下さい。尚、作業は日曜日休みですが、出入りに御注意下さい。

○去16()礼拝後マルタ・グレイスがあり、続いて第10回建築委員会を開催しました。出席7名陪席1名。第8回報告を確認し、続いて杉原一正氏より、建築設計案が提示され、意見を出し合いました。建築確認申請書の提出は1210日の予定です。

○その後の建築計画と募金計画などを話し合いました。

○本年度クリスマス合同礼拝は1221()の予定です。受洗志願者は牧師まで申し出てください。またこの為にお祈り下さい。

1130日から4週間はアドベント(待降節)となります。心準備をして参りましょう。

 

 教団信仰告白解説46

『…神の右に座し』

  先回引用している聖書箇所であるが、再度使徒言行録755節を開きたい。そこではステファノ殉教の箇所であるが、彼は「神の右に立っておられるイエス」を見た。それはイエスが彼の地上の最期に座してはおられない慈愛を示している。ローマ834節では、祈ることことに知らないわたし達のために「執り成しの祈り」をして下さるイエスである。エフェソ120節では「すべての支配、権威、勢力、主権」の上に置かれたイエスの御存在を示している。

特にへブライ41416節に、偉大な大祭司イエスが神の「恵みの座」に招いて居られることが記されている。当松永教会の礼拝堂に「恵みの座」があるのは、この聖句が根拠である。「だから憐みを受け恵みにあずかって時宜にかなった助けをいただく為に大胆に恵みの座に近づこうではないか」

 

 

週報33 11月16日(No2557)

   今週の集会

10:15降誕前節第6主日礼拝(家 族 礼 拝) 聖書 出エジプト2110お話『選ばれた幼児モーセ』礼拝後 マルタ・グレイス第9回建築委員会19()10:00第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第21章『祈りは答えられる』18:30 定期祈祷会 同 上 

 

   次週の予定

23()10:15降誕節前第5主日礼拝聖書 マタイ25章1~13節 説教題「ともし火を用意せよ」26()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第21章『祈りは答えられる』18:30 定期祈祷会 同 上

 

   報告と消息

9()福山東教会で分区研修会が開催され、当教会から6名出席しました。講師大藪順子さんから「立ち上がる選択と題して講演がありました。

10()から、南側園舎(廃屋)の撤去作業が始まりました。教会の出入り口は北側正門になります。駐車は園庭をご利用下さい。尚、作業は日曜日休みですが、出入りに御注意下さい。

尾道久保教会のバザーが去15()に開催され、当教会からも出かけました。

 教団信仰告白解説45

…天に昇り

 復活されたイエスは40日間弟子たちに顕われて、復活の事実と予め告げていたことを実行するようにと語られた。先ず「40日間」のことは使徒言行録13節である。示された教えはマタイ福音書2819節では「行ってすべての民を弟子とし父と子と聖霊の名による洗礼を授ける」ことであった。マルコ福音書もほぼ同じである(161516節)。ヨハネ福音書は2021章にあるが、他の福音書と少し異なり、キリストを信じる群(羊を飼う、羊の世話をする)のことに言及している。

  ルカ福音書24章は、続編として使徒言行録1章につながっている。前述の通り「聖霊が降る」のを待つように(8)告げて、イエスが昇天された記録がある(911)。尤もこの出来事はヨハネ福音書821節、1232節、143節、1724節などに予告している。

  「昇天」と「召天」は異なるので、混同してはならない。前者は神ご自身の業であり、聖書は厳密に御子イエスにのみ用いられる。

 信仰告白で「…神の右に座しておられる」という表現は、先ず使徒言行録23334節、755節を見て頂きたい。その外にもローマ834節、エフェソ120節、コロサイ31節、へブライ13節、1012節などである。

週報32 11月9日(No2556)

今週の集会

9()9:30 教会学校礼拝 10:15 降誕節前第7主日礼拝 聖書 ガラテヤ3614説教『祝福される民』15:00 分区信徒修養会 於福山東教会講師大藪順子さん講演「立ち上がる選択」10()14:012()12:00教区教職研修会於尾道ふれあいの里主題「イスラムから見た世界像」講師板垣雄三(宮城学院女子大) 12()10:00 第一祈祷会 加藤常昭著「祈りへの道」第20章『願いとしての祈り』18:30 定期祈祷会 同 上会

次週の予定

16()10:15 11月家族礼拝聖書 出エジプト2110 説教「モーセを選ばれた神さま」19()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第21章『祈りは答えられる』18:30 定期祈祷会 同 上 

報告と消息

先週2()礼拝後、マルタ・グレイスがあり、第9回建築委員会を開催、設計の杉原一正氏から建築材見本などを持参し、説明がありました。

その後定期役員会で9/7日臨時総会の時の建築資金計画の再検討をしました。教会内献金・教会外募金500万円(予算上の不足額)について継続審議になりました。この為に御加祷下さい。

3()5()ホ群信徒・教師共同セミナーに吉仲牧師夫妻が出席しました。主題「聖礼典-洗礼」で有意義な研修でした。全国から参加者105名。お祈りを感謝します。

教団信仰告白解説44

『…よみがえり』

イエスの復活の事実は客観的な史実として証明するに留まるのでなくそれを信じ受け入れるところで、復活の出来事がすべての人の上に及ぶことになる。第1コリント152023節にある通り、イエスは「初穂」となった。つまりすべての人がイエスの命に結び合わされて生きるのである。

 これは二つの出来事として証言される。一つはイエスに結ばれて地上の生涯を生きるのである。「イエスと共に葬られて死にイエスと共に生きる」ことで、ガラテヤ21920節にある。

この復活の命に与って生きる者にとって最終の出来事は、歴史の終末に、再臨の主イエスがすべての者を呼び出され、死んだ者と生ける者を裁かれることである。その時まで地上の生涯を終わった者は眠りに就いているのである(永眠という)。テサロニケ第一41517節に出ている。

 

週報31 11月2日(No2555)

今週の集会

2()10:15 降誕前節第8主日礼拝○聖書ローマ32126説教『無償で与えられる神の義』○礼拝後 定期役員会○「マルタ・グレイス」○第8回建築委員会○3()10:0 分区ファミリー・ピクニック[行先]世羅ゆめ公園=現地集合○3()5()ホ群信徒教師共同セミナー○於市川サンシティ山崎製パン年金会館 主題「ホ群教会の信仰と教会成長」○5()10:00第一祈祷会○加藤常昭著「祈りへの道」第20章『願いとしての祈り』聖書エフェソ4章6~7節○18:30定期祈祷会 休会

 

次週の予定

9()10:15降誕節前第7主日礼拝○聖書ガラテヤ3614節○説教祝福される民』○15:00分区信徒修養会 於福山東教会講師大藪順子さん○講演「立ち上がる選択」○10()14:012()12:00教区教職研修会於尾道ふれあいの里○主題「イスラムから見た世界像」○講師板垣雄三(宮城学院女子大)12()10:00第一祈祷会○加藤常昭著「祈りへの道」第20章『願いとしての祈り』○18:30 定期祈祷会 同上

 

 報告と消息

○先週26()礼拝後、有志の方々の旧幼稚園園舎片付の奉仕をして頂きました。感謝します。本日2()礼拝後も続いてご奉仕をお願いします。ごみ袋(焼却する)も後僅かになりました。

○本日から礼拝堂祭壇の位置が変わりました。司会者台を別に置きました。献金方法は検討中です。

○礼拝堂設計図案とミニチュアが礼拝掲示板に展示してありますので、ご覧下さい。建築資金が満たされるよう是非お祈り下さい

 教団信仰告白解説44

『…よみがえり』

イエスの復活は、コリント第一の手紙151219節にある通りキリスト教信仰の要(かなめ)である。復活がなかったら、キリスト教は歴史に名を残さなかっただろう。

四つの福音書にそれぞれイエス復活が、四通りに記されている。共通しているのは葬られた墓が空だった事と、弟子たちは容易に信じられなかったこと。ヨハネ福音書20章をぜひお読み頂きたい(続く)