Archive for 2008年5月

週報9 6月1日 (No2533)

今週の集会

4()10:15聖霊降臨節第4主日礼拝聖書 第一ヨハネ21827 説教『真理の霊の注ぎ』 礼拝後定期役員会3()11:30 中四国ホ群教師会 玉野教会4()10:00 第一祈祷会 加藤常昭著「祈りへの道」第9章 神の御声を聞く祈り18:30 定期祈祷会第9章 同 上

 

次週の予定

8()10:15聖霊降臨節第5礼拝 聖書 ヘブライ121829説教『天のエルサレム』9()-10()ホ群歴史編纂委員会東京聖書学校11()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第9 神のみ声を聞く祈り18:30 定期祈祷会第9章 同 上

 

報告と消息

今回「ミャンマーサイクロン被害者救援募金」のご協力を有難う御座いました。「中国四川省地震災害救援募金」は急な事柄でしたので、これに有志で追加し協力しました。夫々五千円とし合計1万円を教団社会委員会に送金しました。感謝しご報告致します。

 

教団信仰告白解説25

キリストの体なる教会

信仰告白の中で大切なのは、教会とは何であるかを明確にすることである。「教会論」と呼ばれるが神学的な理解ではなく、聖書が示していることを告白するのである。ここで先ず二つの表現がある。「主キリストの体」と「恵みにより召された者の集い」である。

先ず「主キリストの体」は第1コリント1212節、エフェソ41215節、コロサイ119節その他多く出ている聖書的表現である。

ここではキリストは頭((かしら))であり、お互いはその体の部分部分であるという生命共同体を表す。従ってキリストと教会は切り離すことは出来ない。キリスト不在の教会は存在しない。あるとすれは聖書読書会、キリスト研究会である。今ひとつキリストに結ばれて相互に信仰一致と連帯があることで、喜びも痛みも共有するのが教会である。働きの相違はあっても他を排除したり、差別したり、優劣を競うこともない調和があるところである。ここに福音的教会のあるべき姿が示される。現実にこれが欠けて問題を抱えているとするならば、信仰告白を原点として聖書から問い直すのである。「改革教会」と呼ばれる理由もここにある。教会はキリストの体として絶えず革新(リニューアル)するのである。  

 

 

 

広告

週報8 5月25日 (No2532)

         今週の集会

25()10:15聖霊降臨節第3主日礼拝聖書 ローマ10517説教『良い知らせを告げる人教会学校礼拝聖書 ルカ102537節 「神さまがつくられたわたし」28()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」第8章 聖化への祈り(続き)18:30 定期祈祷会 第8

次週の予定

1()10:15聖霊降臨節第4礼拝聖書 1ヨハネ21827説教『真理の霊の注ぎ』3()11:30  中四国ホ群教師会 玉野教会4()10:00 第一祈祷会加藤常昭著「祈りへの道」 第918:30 定期祈祷会第9章 同 上

報告と消息

            先週18()14:00分区CS主催芋苗植え会が神辺教会であり、前田兄牧師夫妻参加しました。感謝柳田緑映兄よりお便りと、協力(月定)献金を頂きました。感謝団社会委員会より「ミャンマーサイクロン被害者救援募金」は5月末とします。献金箱を置いていますので、ご協力下さい。/31()15:00福山延広教会でチャペルコンサートがあります。招待券(1)があります。ご希望の方はどうぞ。

 

教団信仰告白解説24

その御業を成就したもう

 この聖化は瞬時的であるが、漸進的であることを知ることができる。先のぶどうの樹と枝の関係で言えば、接木は瞬時的な事柄であるが、同時につながり続けるという漸進的な状態である。

このことをフィリピ312節から16節に見ることができる。ここに「完全な者」が12節と15節に二度出てくる。聖化はこの二つの完全を生きることである。

ウエスレー著「キリスト者の完全」で、これを「愛の完全」として論述している。主イエスが「完全な者になれ」(マタイ548)と言われたのはこのことであり、信仰告白で「御業を成就したもう」という所以もここにある。これが聖書のメッセージである。

然し人を肉体と精神に分けて、肉体は罪を犯して滅びるが、精神は永遠に続くと説く思想が聖書の時代にあった。そこで信仰は精神的霊的なことで、肉体は滅びるので重要でないとし、快楽主義に陥った。またキリストは肉体を仮の宿としたので、十字架の直前に霊なるキリストは天に昇り十字架と復活を否定する異端が起きた。聖化は霊的なもので肉体を持つ人間は不可能とした。また完全論は否定された。 

 

 

 

 

週報7 5月18日 (No2531)

 今週の集会

18()10:15聖霊降臨節第2主日礼拝プレゼント聖書 使徒言行録22749プレゼント説教『仲間に加わる』犬15:00 神辺教会芋苗植え会犬21()10:00

8章聖化への祈り犬18:30 定期祈祷会第8

 

次週の予定

25()10:15聖霊降臨節第3礼拝«聖書 ローマ10517«説教『良い知らせを告げる人』犬27()10:00 第一祈祷会 加藤常昭著「祈りへの道」第8章 聖化される祈り犬18:30 定期祈祷会 第8章 同 上

 

  報告と消息

先週11()礼拝後予定通り、建築委員会有志で福山東教会、福山アライアンス教会を訪問し礼拝堂・牧師館を見学しました。 中光 治兄より4月下記転居の挨拶はがきが届きました。ご一家の祝福を祈ります。 733-0842  広島市西区井口4-2-44グリーンコート井口202 電話082-279-8227

教団社会委員会より「ミャンマーサイクロン被害者救援募金願いが来ています。献金箱を置いていますので、ご協力下さい。

 

教団信仰告白解説23

 

義の実を結ばしめ

聖化について、ローマ81節では「イエスによって命をもたらす霊の法則が罪と死との法則から解放する」とある。これは水中で鉄が浮かぶので説明できる。それは浮力の法則が働く原理である。すべての物体は引力の法則に支配されるが、浮力はこれを超える。罪と死の支配は、霊の働きで解放される。但し「霊の支配下」になければならない(9)。これは神の霊に導かれることであり、神の子供として「アッバ父よ」と祈る所以である(1416)。くり返すがヨハネ福音書1515節の葡萄の樹につながる枝の関係である。命の樹液で枝は成長しそこに実を結ぶようになる。「義の実を結ばしめ」とはこのことである。「聖化」という言葉が示す通り、人間性に変化が起きてくることである。自己中心から隣人(家族や友人知人)関係を中心に生きる。これを聖書から見出すことが出来る。ガラテヤ52節にある九つの実である。「愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」である。留意したいのは、八つが相手に対して向けられた事柄、節制は双方に向けられたものである。

 

 

 

週報6 5月11日 (No2529)

       今週の集会

晴れ教会学校礼拝11()9:30 バラ聖書使徒言行録214 神さまがつくられたわたし 晴れ聖霊降臨節第1礼拝10:15 バラ聖書 使徒言行録214 説教『祈りの教会』晴れ 礼拝後 教会訪問(礼拝堂見学)行先・福山東教会 福山アライアンス教会 晴れ14()10:00第一祈祷会 バラ加藤常昭著「祈りへの道」第7章広がる祈り 晴れ18:30定期祈祷会 第7

 

  次週の予定

晴れ18()10:15 聖霊降臨節第2礼拝(家族礼拝は5月中止します)バラ 聖書 使徒言行録22749 バラ説教『仲間に加わる』晴れ 15:00神辺教会・芋苗植え会 晴れ21()10:00 第一祈祷会 バラ加藤常昭著「祈りへの道」第8章 聖化される祈り 晴れ18:30定期祈祷会 バラ8章 同 上

  報告と消息

星5/67日教区定期総会が山口市防長苑で開催。牧師と教会代表延広和子が出席。教団総会議員選挙その他の議案が審議承認されました。星 当教会役員会から提出した教憲教規違反に対する要望書はその他5教会からも提出されましたが、反対意見があり採決の結果否決されました。星今教団が直面している危機的状況の為、御加祷下さい。星 中光 弘牧師を5/6、山口病院にお見舞いしました。病状は落着いていました。続いてお祈り下さい。星 藤野進之介師就任式は622日に延期になりました。

教団信仰告白解説22

    「聖霊はわれらを潔め

 ローマ6章には洗礼(バプテスマ)が説かれているが、それはキリストの死と復活と一体になること。

 キリストと共に死んだので罪から解放され、キリストの命に生きるという(78)。そこで「自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きているのだと考えなさい」(11)とある。「考えなさい」の原語は、金銭勘定で「帳尻を合わせる」という意味である。計算するとどうにも帳尻が合わない。ところが計算が合ったことにするという扱いである。

これは支払不可能の罪と死の代価を神がキリストによって帳消しにしてくださったということもできる(4/20週報参照)

聖化について更に61922節では、わたし達の五体を「義の奴隷」「神の奴隷」として献げて聖なる生活を送ることが示されている。

奴隷とは、生殺与奪の権を明け渡す立場であるが、いやいやながらではなく、主キリストと愛と信頼に結ばれた応答関係である。聖化は8章で更に展開して記されている(続く)