一粒の麦

礼拝堂の左側窓から、椅子に座ると、坪庭に丁度この「一粒の麦」の碑が、よく見えるようになっています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 先週、松永教会の牧師で、戦前から戦後牧師として労苦された三橋亀一先生(第9代1940年3月ー1959年3月在任) のお家族(男5人女2人)が久し振り松永を訪ねて来られ、以前教会がありました西町の近くに新し建築しました松永教会の礼拝に出席されました。かつて幼児だったり少年少女時代を過ごされた思い出の多い来松で、当時を知っている信仰の友との再会もあり、楽しい交流の時が与えられました。話題は西町の教会の庭にありました記念碑「一粒の麦」が1954年教会火災で壊れたのを、神村町時代に新しく建設したことでした。以前は大きな自然石でしたが、現在は御影石でコンパクトなものになっています。この詳細な経緯は「松永教会80年史」に載っています。火災に遭う前の自然岩の記念碑も載っています。今回の三橋牧師お家族の交流の様子をここに書き記しました(牧師 吉仲 將)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。